患者様へのご案内

Home » まず初めに » 患者様へのご案内

患者様へのご案内

Patient Instructions

準備が整い次第、本格的なスタートです!

新しい月経が始まったら、一番最初の診察日を設定します。生理一日目(完全に生理出血が始まった最初の日)に電話でのご予約をお願いします。遠方にお住まいの方で地元診察される場合は、採血と超音波検査の依頼書が必要となりますので、お知らせ下さい。その際に、採卵周期か移植周期を希望されるのか旨をお伝えください。好ましい診察日は生理二日目か三日目になります。万が一第5日目以前に検査を行えない場合は、次の生理が来るまで待つこととなります。

イェリアン医師が血液検査と超音波検査の結果を受け取った後、患者様のご要望を加味した上で、特別な治療プランを策定します。正確な採卵、移植日を決定するために両周期ともにに通常3,4回の診察が必要となります。また、診察の経過によって診察日や投薬の増減します。

イェリアン医師が結果を確認後、看護師を通じてEメール等により、その結果と治療プランの報告が行われます。当院での診察を終えたら、その日の午後か夕方には今後の治療予定について連絡がきます。他の施設で地元診察をする場合には、その施設からの血液検査や超音波検査の結果が届き次第、指示を出すのでもし結果が届くのが遅れることになれば当日中に指示が出せない場合があります。送られてきた結果は最終結果として各患者様のカルテに保存されます。また、次の指示が届くとともにお薬内服指示等もありますので指示通り従ってください。いくつかのお薬を指定された生理日に内服してもらい、生理の始まりには、治療に必要となる場合に備えて、考えられ得る薬を全て自宅に用意するか、もしくはすぐ手に入る状態にしておくことを強くお勧めします。周期よってどのお薬か必要になるか異なってくるので(特に自然な生理と共に治療を行う場合)ので、自ら責任を持ち事前に薬を用意することが必要です。

不妊治療薬は特別な薬だと考えられ、ほとんどの薬局では販売されていませんので、いざという時に簡単に手に入るものではないということを念頭に置いて下さい。